スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランディング完了!

2009年07月15日 22:52

川を越えてアメリカへ

昨日、川を越えて、国境を越えて、無事ランディングを済ませ、
移民としてカナダに再入国することができました。

その日のうちにランディングを済ませられるとは思わなかったので、ラッキーです。
でも、カナダへ再入国を果たすまでのプロセスは決してスムーズではなく、
何度も「ああ、もう今日はだめかも」と諦めそうになりました。
[ランディング完了!]の続きを読む
スポンサーサイト

花火大会

2009年06月25日 17:03

花火大会

昨日は花火大会に行ってきました。
少し早いのですがカナダ・デーを祝う花火です。

デニ君とこの花火を観るのは2回目になります。(去年の花火大会の様子


実は一昨日、カナダの永住権がおりたとの連絡をもらいました。
あとはアメリカのカナダ大使館に行って、受け取るだけです。
まだ実際に受け取っていないのですが、とりあえず一安心。

一年前は何もかもが落ち着いていなく、不安だったなあ、と回顧しつつ花火を観ました。

来年は、どんな気持ちでこの花火を観るのでしょうか?


さて明日の金曜日から、2日間だけキャンプに行ってきます。
場所は結婚式を挙げた公園で、二人の思い出の場所でもあるので楽しみ♪
天気は良さそうなので、大量の蚊がいないことのみを願います。

今度こそ最後の指紋摂取

2009年04月02日 20:58

でか顔1

でか顔2

でか顔3

でーん

こわい?



昨日は忙しい一日でした。

例のコンサルから連絡があり、追加書類でさらに警察証明が必要との事。
数ヶ月前に、彼より「XX州(アメリカで私が一時期滞在していた州)の警察証明はいらないから」
と言われたので、私としたことが、根拠もなくそれをすっかり信じていました。
でもやはり必要になったそうで、追加書類としてまた送らなければならなくなったのです。
アメリカだけで6通目の警察証明です。

でも、良い話は、面接が免除になりました
警察証明が届き次第、永住権の手続きをしてくれるそうです。
多分、遅くても2ヶ月後には永住権を入手できそう。

という訳で、再び指紋摂取へ。
またあのかわいいおじさんが、いました。
今回は、デニ君が一緒に居たせいか、いつものジョークがさらにパワーアップしていました。
でも、基本的にはやはり、同じジョークなんですけどね。

今日は、ダウンタウンにも用事があったので、
ダウンタウン→コンサル事務書→指紋摂取→コンサル事務所
とあちこち行ったり来たりしてました。

帰宅するころには、ぐったり・・・
でも、家に入るとおいし~い香り。
朝にスロークッカーに仕込んでおいたCorned Beefと野菜が、
丁度いい具合に出来上がっていました

スロークッカー

デニ君のお父さんから譲り受けたスロークッカーです。
かなりレトロで、保温機能も「低温」と「高温」だけ。
でも、重宝してますよ~

朝、野菜とお肉を入れて、電気を入れたら、もうほったらかし。
夕方にはおいし~いかおりが家中に充満しています。

この香りは、私の幸せタンクをかなり満たしてくれます。

Long day....

2009年01月27日 18:50



ああ・・・ものすごく腹が立っています。

やっと落ち着いたと思った永住権申請。
やはりあの頼りないコンサルタントがやってくれちゃいました。

これで何度目!?

今までにもミスが多かったので、その度に自分をなだめすかし、
「ここは日本ではないし、こういうこともある」
と何度も何度も、自分に言い聞かせてきました。

でも、今回は結構、致命的
しかも私がそのミスに気付きました。

そのミスが発覚してから、頼りないコンサル君(カルロス)が
追加で必要な書類入手の情報を送ってくれました。

そして、今日の大半の時間を割き、手続き。
そうしたら、そのカルロスからもらった情報が

また間違っていた!!

そして、これも私が気付きました。
信じた私がばかだったのか??


・・・もうやる気がなくなりました。


この時点で、カルロスは一切当てにせず、自分で情報収集を始めました。

もっと早くからこうすればよかった・・・
そもそも、カルロスに頼んだのが間違いだった・・・


今回はちょっとケースが複雑だと思ったから(今思えばなんてことない)、
コンサルタントを雇ったけど、この様。


しかも、このぶつけようのない怒りをすぐに処理できず、
矛先は夫へ・・・・

カルロスのミスで急遽、追加書類が必要になったので、
その追加書類の申請書を郵送しに、郵便局に行きました。
その書類申請の際に、切手を貼った返信用封筒を一緒に同封しなければなりません。
切手はアメリカの切手を貼らないといけないのですが、ここはカナダ。
カナダで生まれ育った夫に、聞いてみました。

「カナダの郵便局で、アメリカの切手買える?」

「買えるよ」

「本当?返信用封筒にアメリカの切手を貼らないといけないの」

「買える、買える。僕、少しなら持ってるし。」


そして郵便局に意気揚々と出掛けたら、係りのおばちゃんに

「カナダではアメリカの切手は買えません」

と言い放たれました。

事情を説明して、「どうにか方法はないか?」と聞いても「できない」の一点張り。
(注:帰宅して調べたら、international reply coupon (IRC) という方法がありました)


そして、この怒りが夫へ向けられたのです。

「あんた、買えるって言ったよね。持ってるとも言ったよね?」
「もし買えないってわかってたら、郵便局に来る前にリサーチしたよ

「あああああ、腹立つっ!ばかばっかり!!」


一度怒ると、もう自分の感情がコントロールできなくなります。
はと小屋が一斉に開けはなれた時のように、
怒りがとめどなく私の中から湧きあがり、口から放たれます。

夫は単純に自分の勘違いだったことを知り、青くなって謝ってきました。

ここで、素直に受け入れられたら、人生もっと楽だったと思います。

夫が、「ごめんね、僕のミスだった。アイラブユー」と言ってきても、

「私もまだアイラブユーだけどね、でもさ・・・私があの時(10分続く)」

・・・と、手を上げて降伏している人に向かって、
さらに追い討ちを掛けてしまいました。

さすがに温和な夫も私のとどめの一言に腹が立ったようで、

「もういい。もう話したくない」

とぷいっと別室へ行ってしまいました。

私は黙ってりゃいいのに、また

「よかった。これで清々する」

なんて背を向けた人の背中を指すようなことを言ってしまいました。
ちょっと反省・・・・



物事が完璧に運ぶとは思っていません。(特に海外では)
でも物事をなるべくスムーズに運んでいく為に、
「計画」したり、「確認」したりする―これは常識ですよね?
でも、カルロスを筆頭にあまりにこれが出来ない人が多すぎる!

でもこれって、私の怒り損なんだろうな・・・と思います。
今ここで、こうして怒っても状況は変わるどころか悪化するばかりだし。


今晩は夫の好きなリブを食べる予定なのですが、
まだ口をきいていないので、どうなることでしょう。
夫は羨ましいくらいすぐに怒りが収まる人なので、
多分、何もなかったように「夕飯いつ食べるのー?」
と聞いてくるのではないか、と予測してます。


長々と愚痴を読んでくださって、ありがとうございました。
ちょっと落ち着いてきました



サバ!

2009年01月21日 21:44



カナダの永住権申請書類を、去年の12月末に送りました。
日本とアメリカからの警察証明と、
私達の結婚証明書は入手に時間がかかるので、追加送付です。

警察証明はすでに受け取っていたので、残るは結婚証明のみ。
結婚証明書は結婚してから入手までに、三ヶ月ほどかかります。
その結婚証明書が今日やっと届きました♪

きちっとしたオフィシャルっぽい証明書をみて、
「ああ、私達は正式に夫婦なんだなあ」と実感したりして・・・

今日はこの結婚証明書を、イミグレのコンサルタントのところに提出してきました。
これですべての書類は揃ったはず。
ファーストレターというものも届いたようなので、ちょっと安心しています。

あー・・・長い道のりでした・・・(段取りの悪いコンサルタントのせいで)
後はスムーズに行きますように。



帰り道、コーヒーのフィルターを買いに近所のスーパー(Sobeys)に寄りました。
そこで、こんなものを発見!


サバ

サバ!!!

普通のカナダのスーパーで、丸ごとのサバが売られていました。
しかも鮮度も悪くなさそう。
しばらく迷って、買ってしまいました~ (約350円)

お夕飯は、サバの味噌煮。
小ぶりのサバだったので、おろさずに頭と内臓だけとって、
圧力鍋で骨ごと煮ることにしました。

出来上がった味噌煮はちょっと絵にならないので、写真はパスします~







最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。