スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮込みハンバーグと夫婦の会話

2010年01月25日 21:31

ここ数日は氷点下でない日々が続き、雪も大方溶け、地面が見えるくらいです。
今日は少し雪がぱらついていましたが、また雪の日々に戻るのでしょうか?
でも、雨が降るくらいなら、雪のほうがいいかも。

煮込みハンバーグ

さてさて、今晩のお夕飯は煮込みハンバーグに初挑戦しました。
お子様ランチのような盛り付けになってしまいましたが。

そこそこおいしくできたのですが、柔らかすぎました。
お肉の食感ゼロ・・・食べた気があまりしないですね・・・お肉の食感がないと。

私の使用したレシピではお肉を250gしか使わず、パン粉を半カップ入れるという配分で、
こねている時からかなり水っぽいなあ、と嫌な予感はしていました

でも、お肉を食べている感じがしなかったので、私は問題なくいただけました。
デニ君にはきっと物足りなかったことでしょう。
でも、最近はまっている「こねないパン」も焼いたので、彼は喜んで食べていました。

このパンを焼くのも、もう3回目です。
毎回、微妙に薄力粉、強力粉、全粒粉の分量を変え実験中。

愛されている妻さんも、このこねないパンに挑戦されたそうです。
妻さんは全粒粉(パン用強力粉)100g、強力粉75g、薄力粉75gを使われたそう。
次回は私もこの分量でやってみようと思います。

さすが妻さん、ふっくらおいしそうに焼けてる~!!
ほんと、パンドカンパーニュみたい
(妻さんの「こねないパン」はこちらからどうぞ)


さて先週末は、久しぶりに外食をしました。
クリスマスに義父からもらったギフトカードがあったので、お気に入りのタイ料理屋へ

タイ料理(1月23日)

ここに来たら、メニューは決まっています!
私はベジタリアンレッド・カレー、デニ君はパッド・タイ

食欲は戻ってきたものの、いきなりレッドカレーで大丈夫かな~と不安だったのですが、
全然大丈夫でした。やはりここのレッド・カレーはおいしい!

久しぶりの外食、しかも私の一番お気に入りのレストランでのディナー、ということで
私はとってもわくわくしていたのですが、連れはお疲れモードでテンション低いったら・・・
口数少ないし・・・
周りのカップルはキャンドルライトの中、見つめあって会話を楽しんでいるというのに。

思わず腹を立ててしまいました
くだらないことなのですがね・・・まあ、ホルモンの関係ということで・・・

でもデニ君って、もともと無口なのであまり話しをしません。
私もそこまでおしゃべりな方ではありませんし、しゃべりすぎる男性もどうかと思うけど、
もう少し会話を楽しみたいなあ、と思うこともあります。

夫婦の会話って、どれくらいあるものなのでしょうか?


スポンサーサイト

手間抜きのお夕飯

2010年01月21日 20:37

コーンド・ビーフ(1月21日)

毎年St.Patrick's Dayに食べるCorned beef and Cabbage
今日はSt.Patrick's Dayでもないのですが、食べたくなったので作ってみました。

いつものお義父さんからいただいた、レトロなスロークッカーに
塩づけされた牛肉の塊(スーパーでパックに入って売られています)、キャベツ、じゃがいも、
たまねぎ、にんじんを投入し、6時間ほどそのまま放置。

放置ついでに、「こねないパン」もまた作りました。
材料を入れたスロークッカーをオンにした後、ぱぱっと材料を合わせて、これまた放置。

またまたこねないパン

今回は薄力粉、強力粉を半分ずつにし、冷蔵ではなく常温で5時間ほど発酵させました。
水分量もレシピに従ったので、前回のようにべたっとならず、しっかり膨らみました

またまたこねないパン2

Corned beef and Cabbageに添えて、いただきました。
煮込み料理とパン―こんな素朴な食事がおいしいのも、寒さのせいでしょうか?
Rusticなコテージとかで食べたら、雰囲気がでそう。

今晩のお夕飯は、とっても楽ちんで支度に20分もかかっていないと思います。
材料をざくざく切ってスロークッカーに入れるだけ、パンは粉を混ぜるだけ・・・

お夕飯の支度が楽なので、他に済ませてしまいたいことがたくさんあったのに、
結局、最低限のことしかやりませんでした。 ま、いっか・・・

春の日差し、初夏の緑がとても恋しい今日この頃です。

チキンカレーとプリン

2010年01月19日 20:13

チキンカレー(2010年1月)

あまり彩りが良くないのですが、昨晩はチキンカレーを作りました。
骨付きの鶏肉(手羽元)もヨーグルトでマリネして煮たので、柔らかくてほろほろでした。

このレシピもネットで話題になっていたもので、ずっと気になっており、
鶏肉が食べれないのに、どうしても作ってみたくなりました。

簡単☆チキンカレー(中毒性あり)


「インド料理のレストランで食べるカレーみたい」
とデニ君からも好評だったのですが、やはりカレーって味の調整が難しい・・・
このレシピで使っているカレー粉は16種類以上もの香辛料がブレンドされたものなのですが、
うちにあったものは5種類ほどのブレンド・・・しかもターメリックの配分が多分多すぎ。
味見をしたらかなり苦味が強く、急いで他の香辛料やヨーグルトを足したりしました。


最近、甘いものが欲しくなるので、今晩はプリンを作りました。

プリン

プリンは大好きなのですが、作るのが苦手なのでずっと躊躇していました。
でも今はお肉が食べれなく、卵からたんぱく質をとるようお医者さんから言われているので、
卵と牛乳で作るプリンは、たんぱく質もカルシウムもとれるし一石二鳥ではないか、と思ったのです。

味は普通(笑)
あまり濃厚ではなく、あっさりした食感になりました。
もっとしっかりした食感の、こってりプリンを期待していたのですが、茶碗蒸しのような、食感・・・
カラメルは少し焦がしすぎだし。
今度は少しクリームを入れてみよう。

ああコンビニのプリンが食べたい~!!

こねないパン、に挑戦

2010年01月17日 15:02

今週末もだらだら過ごしております。
でも、今日こそ食料調達に行かなくては・・・

何もしない事にも、いい加減飽きてきたので、パンを焼くことにしました。
ネットやブログで話題になっている「捏ねないパン」です。

小麦粉などの粉類と水、イーストを混ぜ、そのまま常温なら2-3時間、
冷蔵庫なら6時間以上放置し、成型も二次発酵もなしでそのまま焼くだけ、というもの。

私は真夜中に生地を作り(といっても5分程度で完了)、冷蔵庫に入れ、
翌日―今日ですね、起床後ぼーっとした頭で生地を取り出し、
オーブンに入れて焼きました。

捏ねないで、二次発酵もなしで本当に大丈夫!?
と半神半疑で、理科の実験のような気分で焼いたこのパン。

捏ねないパン

通常より水を入れすぎてしまったので、あまり膨らみませんでしたが、
これが、おいしい!

捏ねないパン2

私好みの外はカリカリ、中はふっくらしっとりに仕上がりました。
フランスパンのような感じでしょうか。

これなら簡単なので、毎日焼いても全く苦にならないし、
レーズンを入れたり、チーズを入れたりアレンジも楽しめそうです。

ちなみにレシピはCookpadでも人気の↓を使いました。

✿ビックリ♪超簡単なイタリアンブレッド✿



先週の木曜日は義母家族を呼んで、お夕飯を食べました。

[こねないパン、に挑戦]の続きを読む

揚げないコロッケ

2010年01月13日 20:55

コロッケ

久しぶりに普通に料理をしました。
コロッケが食べたくなったので、コロッケです。
コロッケ、わかめとお豆腐のお味噌汁にご飯、と和食のお夕飯

でも、胃腸の調子も本調子ではなく、お粥やご飯しか食べていなかった体に
いきなり揚げ物は不憫なので、揚げないコロッケに初挑戦してみました。

レシピはこちら→ 油で揚げない!サクサクコロッケ

揚げないコロッケなんて大丈夫?と不安だったのですが、おいしかったです
今の私の胃では、さすがに2つは受け付けてくれませんでしたが・・・

前から思っていたのですが、コロッケとShepherd's pieの味って似てる気がします。
デニ君も初コロッケの感想は、「Shepherd's pieみたい」と。
Shepherd's pie好きな彼には、もちろん大好評でした。


明日は義母家族を呼んで、一緒にお夕飯です。
デニ君がはりきって鴨を買ってきたのですが、お肉の中でも今は特に鶏系がだめな私・・・
私が食べれないだろうから、じゃあ、義母家族を呼ぶか、となった訳です。

彼が鴨焼き担当、そして義母家族にはグリーンビーンズとコーンを持ってくるよう、
デニ君経由でしっかりお願いしときました。
(コーンはずっと食べたかったけど、今の時期はちょっとお高いので、ラッキー)
なので明日の晩は、料理をしなくて済みそうです

要領よくやらないと、自分だけが疲れるので損ですものね~

またまたダウン・・・

2010年01月12日 22:11

ピンク色の景色

空と地平線の境界が分からないくらい降っていた雪もやみ、
今日は晴れ間が見えました。
そして夕方には空と雪がほんのりピンク色。

さてさて、実はこの二日間、また寝込んでしまいました
今度は胃腸炎のような症状がでて、食べるものはすべて吐くし、下痢、(汚くてごめんなさい)
普段は低体温でなかなか熱もでない方なのですが、微熱ながら発熱までする始末。

体の中が、すっかりからっぽになった気分でした。
究極のデトックス・・・

今日は随分気分がよくなったので、がんばって家事をしたりしましたが、
まだ胃の調子は今一なんですよね・・・

こういう時、いつもは症状がでたら、薬をささっと飲んで普通に生活していたのに、
それが出来ない今は、ひたすら我慢、なのですね。

辛くて母に泣きついたら、ポカリスエットの粉末を白湯に薄めに溶かして飲め、との事。
帰国した時にポカリスエットを買ってあったので、指示通り、少しづつ飲みました。
看護士の母曰く、なんでも点滴に使われる輸液とほぼ同じ成分なのだとか。
便利なものですねえ。常に常備しておこうと思いました。


今日はもうやるべき事はすべて終えたので、お茶でも飲んでゆっくりしようと思います。
しばらく皆さんのところにお邪魔できませんでしたが、明日にでも伺います!
皆さんもお体には気をつけてくださいね。






七草粥

2010年01月09日 12:51

今週はたくさん雪が降りました

雪が本格的に降り始めたのは水曜日。
私は約束があったので、外出したのですが、
道路がもうそれはひどいことになっていました。
除雪はされていないし、斜線は見えないし、視界は悪いし・・・

かなり気をつけてゆーっくり運転しました。
周りの車もやはり同じで、60KMの速度制限の道路を20Kで走っていました。
なので、普通なら20分で帰宅できる距離が、1時間もかかり・・・

帰宅した時には、もうくたくた・・・
お夕飯を作る気力もなかったのですが、この日は七草粥の日だったので、
体力と気力を振り絞って、七草粥もどき、を作りました。

七草粥もどき

もちろん七草なぞ手に入らないので、冷蔵庫にある葉っぱ系の野菜を総動員しました。

肉食デニ君には、魚を焼いて、冷凍シュウマイを蒸しただけ。

まだ食欲が湧かない日々なので、料理をする気になりません。
なので最近は手抜き料理ばかり・・・ごめんよ、デニ君。
私の場合ですが、やはり料理をするやる気は「食欲」からくるのね、と実感です。

この日の夜は疲れて、頭痛が始まり、翌日も吐き気と腹痛も復活したので、
木、金とゆっくりと体を休めていました。

今まで全然平気でこなせたことでも、今では体が「きついよー」とサインを出してくるので
この変化に、まだまだ戸惑うことが多いです。




元旦は初火鍋!

2010年01月02日 22:16

昨日の元旦は、どこもかしこもお店が閉まっていて、静かな一日でした。
クリスマスでさえ開店していたスーパーも、閉まっていてびっくり。

元旦は曇りでした。
でも、なんとなく元旦は曇りのほうが居心地が良い気がするのは、なぜでしょう?
元旦があまりに晴れ晴れとした晴天だと、なんとなくもの悲しくなってしまいます。
私だけでしょうか?

さて、元旦の朝。
あまりに普通の週末すぎたので、お雑煮を作ってみました。

なんちゃってお雑煮

家にあるもので作ったので、かなりなんちゃってなのですが。
薄味のお醤油ベースのお雑煮です。

大根、人参、緑はチャイニーズブロッコリー(前夜の残り)、
おもちもなかったので、もち粉を使いました。
もち粉は人からいただきもので、今まで使ったことがなかったのですが、これは使えそうです!
こちらでも簡単に手に入るし、安価だし、これで大福とかも作れるのだそう。


元旦の夜は鍋、と決めていました。
日本の鍋の食材、素は手に入らないので、今回は中華風に火鍋に挑戦!

聞くからに辛そうな名前の火鍋、内モンゴルの羊肉料理として発祥し、
中国人の食文化において広く知られる鍋料理なのだそうです。

火鍋1

見るからに辛そう!
これはスープのベースを作っています。
ニンニクを確か20かけも入れました。
あとはねぎ、火の通りの悪い大根、スープミックスを入れてぐつぐつ煮ます。

火鍋の素1

これがそのスープミックスです。
いつも行く中国系スーパーの店員さんにお勧めを聞いたら、
いつもは無口な中国人のお兄さんなのですが、「お客さんの9割がこれを買っていく!!」
と情熱的に語る語る・・・迷わずコレを試してみることに。
ちなみにお値段は$4くらいでした。

火鍋の素2

中身はこんな感じで、漢方らしきもの、唐辛子、
スパイスがミックスされたペースト、味つきオイル等が入っていました。

火鍋2

ベースができたら、あとは普通に好きな食材を入れていただきます

味はくせがあるので、好き嫌いがあると思います。
特にクミンの味と香りが非常に強く、体にも香りが残るほど。

辛さは加減して、パックに入っていた唐辛子の半分しか使用しませんでしたが、
充分辛さは楽しめましたよ~

私もデニ君もこのワイルドな鍋をおいしくいただきました。
(日本の鍋に比べるとワイルド、という言葉がぴったりなのです)
寒い夜にはもってこいの鍋、各種スパイスと唐辛子で体が温まること間違いなし!


ローストダックで、しめくくり

2010年01月01日 23:39

大晦日は、去年に引き続きローストダックを食べました。

まるごとダック!

去年撮った写真ですが、中華街などで必ず見かけるコレ、です。

手前の大きいのは、まるごとの豚。
ダック、巨大イカ、小ぶりの鳥らしきもの、
などをBBQ(ロースト)してつるしてあります。


初めて食した時は、中華独特のスパイスに躊躇しましたが、
今ではすっかりお気に入りの味。
このローストダックを大晦日にいただくのが、我が家の定番になっています。

お値段もお手ごろで、ローストダック半分で$10。
半分もあれば2人でも、肉食のカナディアンがいても、かなりお腹が膨れます。

ことしもローストダック

左がローストダックとベビーボクチョイ。
右はローストポークとチャイニーズ・ブロッコリー。

中華野菜2種類を簡単に炒めて、お皿に添えました。
ちなみにお皿にでているお肉は、実際に買った量のほんの一部です。

ずっとつわりでお肉やお魚が食べれなかったのですが、
このローストダックはぺろりと平らげてしまいました。
かなり久しぶりに動物性たんぱく質を充分に摂取


大晦日は、ゆっくりと家で過ごしたい派なのですが、
こちらでは「パーティーの日」と考える人が多いようです。
デニ君も御多分に漏れず、家に人を呼ぶか、
カウントダウンパーティに行きたいとの事・・・

散々迷った挙句、人を家に呼ぶのはちょっと体力がないし、
多分来年からはこういうパーティーには参加できないだろうということで、
カウントダウンパーティーに行ってきました。

でも、やはり私は日本の大晦日が好きです。
一年を振り返りつつ、紅白をみて、除夜の鐘をつきに行って、
初詣もして・・・真新しい気持ちで新年が迎えられる気がします。

ここでもそんな新年を迎える方法はないでしょうか?


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。