スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランディング完了!

2009年07月15日 22:52

川を越えてアメリカへ

昨日、川を越えて、国境を越えて、無事ランディングを済ませ、
移民としてカナダに再入国することができました。

その日のうちにランディングを済ませられるとは思わなかったので、ラッキーです。
でも、カナダへ再入国を果たすまでのプロセスは決してスムーズではなく、
何度も「ああ、もう今日はだめかも」と諦めそうになりました。
私の場合は、アメリカのカナダ大使館へ出向き、ビザを発行してもらい、
移民として再入国(ランディング)するための書類をもらいます。
そして、それら書類を持ってカナダへ再入国し、カナダの国境で移民手続きをする、という手順です。

ここでネックになったのが、アメリカ入国・・・・・
ここの国境にいる役人は意地悪、と噂を聞いていたのですが、
今まで意地悪な役人にあたったことはありませんでした。

でも、この日は、大当たり。

ものすごい意地悪な役人で、I-94を発行するだけなのに、2時間も捕まっていました。

何も悪いことなどしていないのに、4-5年前まで私のデータを遡り、
ひとつひとつ、ねちねちとあら捜しを始めたのです。

私をわざと怒らせようとしているのが手に取るようにわかったので、
努めて冷静に丁重に対応していたのですが、

「カナダに入国した時は、ビジタービザで入国したのか!?
そしてそのまま永住権を申請しただと?それは詐欺だ」


みたいなことを言われたので、

「カナダにはアメリカのようなフィアンセビザの制度はないんですよ」


と一回だけ意見したら、カッコがつかなかったのか、その役人は鼻息を荒らげて

「俺の言うことがわからないのか!」

と言うので、

「わかりました。もう二度としません。」


と皮肉を込めて、でもイノセントを装って言うのが精一杯の抵抗。

カナダ大使館には正午までに来るようにと、書類に書いてあったのに、
この時点でもう11時半・・・・

最後にカナダでの私の身分を証明する書類が欲しいと言われ、
移民局からの手紙を見せたら、違う、と言い出しました。

「あーあ、あの書類がないのか。アメリカ入国を許可する前に必要なのにな~」

そんなの必要ないはずなのに、必要あっても移民局からの手紙で充分なのに、
最後の最後までI-94の発行をしぶります。

私が口答えをしたら長くなるばかりなので、怒りをこらえ、

「ごめんなさい。その書類は今、ありません。
私の弁護士(本当はコンサルだけど)からはこの手紙で充分だと聞いています。
これで不十分なら、弁護士と電話でお話になってください」


と言ったら、弁護士という言葉にびびったのか、ちょっと動揺しつつ

「弁護士の発言なんて、意味がない」

と苦しげに言い、やっとI-94の手続きを始めました。


やっとこ開放された時は、すでに11時55分・・・・
絶対正午までには大使館に行けない・・・・
今日はもうだめかも、と絶望しつつ、諦めの悪い私は大使館へ向かいました。

カナダ大使館へ着いたのは、12時25分。
お、まだやってる!?と思いつつ、窓口へ歩いていくと、

「今日はもう終わりです。また戻ってきてください」

受付の女性に、目の前で窓口を閉められました。

また明日戻ってくると言うことは、またアメリカの国境を越えなければならない、
あんな意地悪オヤジにまたねちねちやられるかと思うと、気が遠くなりました。

「カナダからわざわざ来たのです。もうビザ発行の許可はでているので、
どうにかお願いします・・・・・」


「でもねえ・・・もうすでに20分も遅れているのよ・・・」

といいつつ、とりあえず午後1時に戻ってくるから、その時に対応しましょう、と言ってくれました。


対応してくれると言っても、多分、今日ビザを受け取るのは無理だろうな・・・
書類には10日以内にビザが発行される、とあったし、当日発行なんてありえないよね・・・
また、戻ってこなければいけないのか・・・・・


と、がっくりうなだれて、がらんとした待合室でデニ君とひたすら待ちました。
デニ君は「また明日戻ってくればいいじゃん」
と励ましてくれたのですが、悔しさと悲しさ、脱力感で一杯で、
もうデニ君に当たり散らすことさえできませんでした。(デニ君ラッキー)


そして1時になると、ピンク色のシャツを着た、今度はかっぷくの良い女性が窓口に現れました。
顔中を笑顔にして、私を呼んでいます。

散々、アメリカの国境で意地悪された私は、この笑顔に動揺し、言葉がでませんでした(笑)

「今日はどういう御用で?」


と聞かれたので、恐る恐る事情を説明すると、オッケー、とすんなりと私の書類を受け取り、
待合室で待つように言われました。

待つこと約1時間半、例の女性が笑顔で現れ、大きな封筒を手渡してくれました。

「ランディングに必要な書類よ、そしてこれがビザ」

この言葉を聞いて、本当に本当に心底ほっとしました。

やっと終わる・・・・!

「あ、じゃあ、今日、これでランディングができるのですか?」


「そうよ。おめでとう!うれしいでしょう?」


このカナダ人の職員が天使に見えました。
これがアメリカ大使館だったら、こんなフレキシブルに対応してくれなかっただろうな、と思います。

ほっとしたデニ君は、いきなり饒舌になり、このカナダ人職員に
アメリカ国境での苦い体験を話だしました。
この女性はうんうん、と話を聞いてくれ、最後まで良い人でした。

国の機関で働く職員って、その国の印象に少なからず影響を与えると思います。
単純な私は、「この国をもっと好きになれるかもしれない」と感じ、大使館を後にしました。

この後は、デニ君の大好きなメキシカン料理をお昼に食べて、
カナダの国境に向かい、無事にランディングを済ませました。

カナダに再入国した時には、不思議とほっとしました。

祝い酒を買いに酒屋に入った時、デニ君に

「なんだか家に戻ってきたような気分だよ」


と言うと、

「でしょ?」

とうれしそうに、うなづいていました。

カナダに引っ越してきてから、約一年半。
永住権申請をしてから、7ヶ月。
やっと自分が属せる場所を築いていけそうです。



コメント

  1. wocean | URL | o5Blwsxk

    おめでとー!!

    最後くらいスムーズに。と思っていたけれど
    やはりそう、上手くは行かなかったのですね。
    でも無事ランディングおめでとう。
    ワタシも同じ道をたどったもの(移民手続き)
    移民のビザが下りて、ランディングした時の
    安心感はいまだに忘れられません。
    ワタシはナイアガラでランディングしたのですが
    その時のカナダの移民局の人も
    Welcome to Canada!! とお祝いを言ってくれました。
    そんな小さなことがとても嬉しく思ったわ~~
    本当におめでとう!

  2. kanako | URL | mQop/nM.

    おめでとうございまっす!

    あ、はじめまして!いつもちょこちょこ覗かせてもらってますた。ww
    無事にビザをゲットして、再入国できたとの事。
    本当にご苦労さま&おめでとうございまっす!!
    アメリカでの入国、本当に大変でしたね!!読んでるだけで私がキレそうになっちゃいました。。多分自分だったらそんなに冷静に対応できたかなぁ~とか思っちゃいます。さすがです☆

    これからまた新たな節目としてデニさんと仲良く、幸せな毎日を送ってくださいね❤
    応援してます~
    また遊びに来ますね!ではでは~

  3. 愛されている妻 | URL | -

    Re: ランディング完了!

    今回ばかりはスムーズに行ったのかと思ったら。
    あぁ、意地悪なおじさん。
    そうやって、イジワルするのが楽しみなんじゃない?
    そしてその人は有名なんだわ。きっと。
    また戻ってくることになって、また意地悪おじさんに当たったら、2度とヴィザもらえないような気分になっちゃうだろうな~。
    1度ですんでホントによかったね!
    はぁ、よかったよかった。ホントによかった。
    我が家だね♪
    おめでとう♪♪

  4. lulu | URL | TY.N/4k.

    wocean さんへ

    ありがとうございます!
    wocean さんも同じ道を歩まれたのですね。
    私も数日だった今でも、「無事ランディングしたんだ」と安心感に浸っています。
    気が抜けました~

    やっとこれからカナダで生きていくのだ、という実感も湧きつつあります。
    これからも同じカナダに住む日本人として、よろしくお願いします!

  5. lulu | URL | TY.N/4k.

    kanako さんへ

    kanako さん、初コメありがとうございます!

    本当に、私も何度もキレそうになりました・・・・
    私もかなり頭にきて、戦闘体勢になるところなのですが、カナダ大使館に正午までに行かなきゃ!ということが一番気になり、なるべく素直に従いました。アメリカのボーダーの役人は、口答えしようものなら、えらい目にあうことは知っていたので・・・・仕事と言えども、あの役人の態度は本当に悪かった!人間性を疑います。

    でも、これで無事大きな心配事はなくなったので、気が抜けました(笑)

    私も後ほど、そちらにお邪魔させていただきます!

  6. lulu | URL | TY.N/4k.

    愛されている妻 さんへ

    細かくは書きませんでしたが、いちいち、本当にいやらしい意地悪なんです、この人。
    気持ちの良いいじめ方?ではないんです。ねちねちというか、ストレートでないというか。
    対応をしている間、「この人、結婚してるのかな?どんな人がこの人と結婚するんだろう?」
    と考えてばかりいました(笑)本当に人間性を疑います。

    嫌な経験はすぐ忘れる私なのですが、この経験から、「もう二度とアメリカの国境を越えたくない」と強く思ってしまいました。なので、カナダ大使館で当日処理してもらえて、本当に本当に嬉しかったです。

    ありがとうございます♪
    これでカナダに落ち着けます!


  7. モナちゃん | URL | -

    Re: ランディング完了!

    Luluちゃん、出遅れちゃいました。いま、カリフォルニアです!わかるわ、アメリカの移民局とか、かなり意地悪で、ひどいことをがんがん言うのよね。わたしは、グリーンカードがとれなくて、そのあとカナダに移動した後で、アメリカに遊びにいったの。そのときに、”誰に会いに行くんだ?””その指輪は、実は婚約指輪で、不法滞在する気だろう”とか、信じられないことを言われたの。

    そうやって、誘導尋問して、相手の反応を見ているだけ、って言われたけど、そんなに個人の尊厳を踏みにじるなんて、って、ものすごく腹が立ったのよ!

    カナダで頑張っていきましょうね、今後もよろしくです!!! よかったね、ほんとに。

  8. lulu | URL | TY.N/4k.

    モナちゃん さんへ

    モナちゃんさん、カリフォルニアからコメントありがとうございます!

    そうなんですよね・・・彼らは多分仕事としてやっているのかもしれないけど、個人の尊厳を踏みにじるような仕事を毎日しているなんて、よくできるなあと思います。
    本当に罪人扱いしますよね。本当に腹が立つけど、そこで怒りを見せたら、相手の思う壺ですものね。

    これからはカナダでがんばっていきます!
    よろしくお願いします!!

  9. kanako | URL | mQop/nM.

    おはようでっす!

    どぅも!先日はブログに遊びに来てくれてありがとうでした!
    とっても嬉しかったです~v-290

    luluさんのブログ、とっても大好きなのでよかったら私のブログにリンクさせてもらってもよいですか??v-345
    ぜひぜひ、よろしくお願いしまーす!

    ではでは。また遊びにきまぁす~

  10. lulu | URL | TY.N/4k.

    kanako さんへ

    kanako さん、ありがとうございます!
    もちろんOKですよ~
    私もリンクさせていただいてよいでしょうか?

    またそちらにお邪魔しますね!

  11. kanako | URL | mQop/nM.

    はい~

    どもども!
    ありがとうございまっす!
    早速リンクしますね。e-241
    私のしょぼブログでよろしければ、、ぜひ!(笑)

    私もまた遊びにきまぁす~

  12. lulu | URL | TY.N/4k.

    kanako さんへ

    ありがとうございます♪
    kanakoさんのブログ、とても素敵ですよ!
    更新、楽しみにしています~

  13. ringo | URL | hnWcHcIQ

    Re: ランディング完了!

    おめでとうございます!!
    手にしたときの安堵感って格別のものですよね! カナダ国内で移民権を取得したのですが、その後には移民局が主催の新移住者のパーティーもありましたよ(笑)。結構豪華な料理が無料でした。
    頻繁に国境を越えるのですが、人によりますよね。カナダ側でもこのおじさん並に意地悪されたこともあります。私の場合は、若い女役人の方が嫌な目にあう確立が高いです。運ですよね。

  14. lulu | URL | TY.N/4k.

    ringoさんへ

    ringoさん、ありがとうございます!
    本当に安心しました。大きな肩の荷が下りました。

    移民局が主催の新移住者のパーティー!?
    そんな気の利いたパーティーがあるのですか!?
    全然、お声もかからないし、聞いたこともないので、このあたりではないのでしょうか・・・

    やはりringoさんも嫌な思いをされたことがあるのですね。
    いくら仕事とはいえ、よくああいう態度をとれるなあと思います。
    本当に役人次第で、随分対応が違いますよね。
    本当、運によるところが強いですね・・・


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://destination2.blog86.fc2.com/tb.php/159-de8cf61a
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。