スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトアスパラガスの思い出

2009年09月29日 12:58

ホワイトアスパラガス


スーパーでホワイトアスパラガスがセールになっていました。

ホワイトアスパラガスを見ると、いつも思い出すことがあります。

何年も前の事、幼馴染がドイツのベルリンに滞在しており、彼女を訪ねたことがあります。
その時に、ちょうどホワイトアスパラガスの季節だったのでしょう、
市内の至る所でホワイトアスパラガスを売る露店を見かけました。

ドイツ人はホワイトアスパラガスが大好きで、この季節(確か初夏)になると
たくさんの露店がでて、ちょっとした風物詩、なのだとか。

その時は、ホワイトアスパラガス=缶詰のイメージしかなかった私は、
ふーん、生のホワイトアスパラガスねえ、珍しい、くらいの印象でした。

でも私の幼馴染が新鮮なホワイトアスパラガスを買い求め、
家で調理してくれたものを食べ、感動しました。

これがおいしかったんです。
美味!の一言に尽きます。

確か、バターで炒めていたのかな?
それとも茹でてた?

茹でたものをバターとレモン汁で味わうのが主流らしく、
ドイツにはホワイトアスパラガスを茹でるだけの専用鍋もあるのだとか。
調理の際は、普通のアスパラガスと違って、皮をむかなければならないのでご注意を。

ちなみに、この私の幼馴染は、少し前に双子ちゃんのお母さんになりました。
月日は流れるものですね・・・


せっかく新鮮なホワイトアスパラガスが手に入ったのだから、
今晩はドイツ風に、ソーセージと茹でホワイトアスパラガスにしようかな

あの時感動したようなホワイトアスパラガスの味が、味わえるでしょうか?



コメント

  1. 愛されている妻 | URL | -

    Re: ホワイトアスパラガスの思い出

    まぁ、おいしそうなホワイトアスパラ!
    ヨーロッパ本土の北の方、特にドイツでは春のホワイトアスパラガスをみんなが首を長くして待っているみたいね。
    5月頃じゃないかしら?
    みんながアスパラガスの産地に押し掛けるって、ニュースで見たわ。
    ソーセージと茹でるって言うのが、私のドイツの食べ物のイメージそのもの!!!(笑)

    そっかぁ、今では双子ちゃんのママなのね♪
    また、彼女を訪ねてドイツに行きたくなったんじゃない?!

  2. yuwa | URL | -

    Re: ホワイトアスパラガスの思い出

    はじめまして。

    3年前まで10年間ドイツに住んでいました。
    ホワイトアスパラガス(ヴァイスシュパーゲル)は初夏になるとスーパーや露店で良く売っていたのを今でも鮮明に覚えています。
    カナダでは高くてなかなか手が出ない代物ですね。

    懐かしく思い、コメントさせていただきました!!

  3. lulu | URL | TY.N/4k.

    愛されている妻 さんへ

    おもしろいですよね、ドイツではこんなに人気があるなんて。
    アスパラガスの産地に押し掛けるくらいなんですね。まさにアスパラガス熱(笑)
    イギリスではどうなのでしょうか?

    彼女は今、日本で結婚して、日本に住んでいるんです。
    3ヶ月前に双子ちゃんを出産したばかりで、大変な時期でしょうね~


  4. lulu | URL | TY.N/4k.

    yuwa さんへ

    yuwa さん、初コメントありがとうございます!
    10年間もドイツにいらしたのですか!
    それだけ長く暮らした国は、故郷みたいなものでしょうね。

    このホワイトアスパラガスは、Sobeysで$1.79で買いました(笑)
    カナダ産なら、まだ今の時期でお安く手に入ると思います。
    ぜひ、ドイツの思い出と共に、カナダのホワイトアスパラガスを味わってみてください♪

  5. モナちゃん | URL | -

    Re: ホワイトアスパラガスの思い出

    ホワイト・アスパラガスって、特別な感じよね。お味はどんな感じなのかしら?(わたし、食べたこと、ないかも~~)だって、あまりみないもんね、カナダでは。ドイツでは、そんなに人気があったのね?こういう幼馴染との思い出って、ほんわかしますね。古いお友達って大切よね~。

  6. lulu | URL | TY.N/4k.

    モナちゃん さんへ

    ホワイト・アスパラガスは、普通のアスパラガスより繊細な味、でしょうか?
    やさしい上品な味がしました。

    彼女とは幼稚園のころからの付き合いなので、お互いの今までの人生を知っている貴重な友達です。
    いろいろな思い出があるので、ふとした時に思い出しますね~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://destination2.blog86.fc2.com/tb.php/186-15bf5552
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。